読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「プレステージ(2006)」のレビュー & DORA麻雀の役「ツモ」

やばいな太ってきたヒドイ・・・||||(・・、)
減量をしないとヤバス

この間、ワンツースリムティーを高校2年生の時の友達に薦められたから
試しに初めてみようっかなo(〃^▽^〃)oあははっ♪

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を紹介したい!と思います!!!! ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ 
ってヤフーに載ってる感想ですが[岩蔭|]^⌒)bうふっ


今回は「プレステージ(2006)」の感想ですね。♪♪♪♪Happy (ノ^^)乂(^^ )ノHappy♪♪♪♪


この映画が作られた年は2006年です!!!

監督はクリストファー・ノーランで、脚本がクリストファー・ノーランジョナサン・ノーランです(○゚ε゚○)プププー

この映画のメインは何と言っても!!!ヒュー・ジャックマン (ロバート・アンジャー)とクリスチャン・ベール (アルフレッド・ボーデン)ですなんだっけ?(゚~゚)ヾ

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ヒュー・ジャックマン (ロバート・アンジャー)、クリスチャン・ベール (アルフレッド・ボーデン)、マイケル・ケイン (奇術考案者 カッター)、パイパー・ペラーボ (ロバート・アンジャーの妻 ジュリア)、レベッカ・ホール (アルフレッド・ボーデンの妻 サラ)、スカーレット・ヨハンソン (奇術助手 オリヴィア)、デヴィッド・ボウイ (ニコラ・テスラ)、アンディ・サーキス (ニコラ・テスラの助手 アリー)、ロジャー・リース (コールドロウ卿の代理人 オーエンズ)、リッキー・ジェイ (奇術師 ミルトン)ってな感じカンパーイ♪*1バブバブゥ

「奇術」に取り付かれた二人のマジシャンの“騙し合い”を
、クリストファー・ノーランお得意のダークなミステリアスの中で
雰囲気よく描いている。

“騙し合い”という言葉がかわいく思える程、
繰り広げられるのは、「謎」と「秘密」に
とりつかれた男たちの「狂気」まで
に発展していく。


クリスチャン・ベイルは相変わらず見るからに
怪しいし、ヒュー・ジャックマン
“脱ヒーロー俳優”路線を着々と進めていると思う。

そこにマイケル・ケインの渋みと、
スカーレット・ヨハンソンの華やぎが
加わって、キャスト陣もとても充実している。
こういう映画は、とりあえずラストを
迎えるまではあれこれ考えずに「素直に
騙されるべき」というのが、もっとも“幸福な方法”だと思うので
、二人のマジシャンの文字通り狂ったような騙し合いを
堪能することはできた。

ただ、中盤から終盤にかけてなんとなく“オチ”を
感じ取れてしまったことは否めない。

そして、映画の雰囲気自体は良質なので
誤魔化せてはいるが、よくよく考えれば
、あまりに強引過ぎる展開であることも無視で
きないだろう。

映画の中でも散々語られているが、
やはりマジックの“タネあかし”は
、するべきではないということかもしれない。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね~(o^-^o) ウフッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回はツモに焦点を当てたいと思います!!!!ニャハ(o(*^▽^*)o)( ^^)( ^)( )(^ )(^^ )(o(*^▽^*)o)ニャハ



門前ツモとは、門前の状態の自摸の事で、
ポン、チー、ミンカンをしない自分の自摸のみで面子をそろえて和了る役です。

正確には門前(めんぜん)自摸和と呼びますが、基本的にはツモ、メンゼンツモなどと呼びます。


■面前でのハン数 : 1
■鳴いた時の翻数 : 無し


当然ですが、ロン和了りではメンゼンツモとはなりません。


他の人から鳴いていなければどんな形でも成り立ちます。

他に役がなくてもメンゼンツモだけであがる事が可能ですから、
立直をしなくてもいい事から、その場の状況に応じてうまく使えば、
自分の手の内を明かすことなくホーラする事ができるイヒヒヒヒー♪ヾ(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!!


※覚えておこう!

他の人から鳴いている状態で、手牌に役が無いのにもかかわらず、
勘違いしてメンゼンツモ!とあがってもチョンボとなってしまいます。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

門前清自摸和(出現割合:17.6%)
面前で安全に逃げ切るか?
早上がりでリスクを負って勝負を決めるかの二種類の考えがDORA麻雀にあり、ラス回避を考えるのならばいつでも降りれる状態を視野に入れて門前清自摸和を使うのは非常に有効だろう。いつでも降りれる、と言うのがこの役の一番のポイント。手が伸びない愚形ならばこのまま廻し打ちをしつつ展開するのも良いだろう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。( ̄へ ̄|||) ウーム



DORA麻雀 登録

今から数時間後には待ち焦がれた麻雀タイムだよ♪
楽しみだぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!

DORA麻雀とは?


DORA麻雀の登録




おすすめ記事

 

 

 

 

 

 



 

*1:。・"・)o自☆自o(・"・。