読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「ネットワーク」について & DORA麻雀の役「小三元」

今日のおめざめワイド チュウキョ~君の今日の運勢ではかなり良い結果でしたので
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここ最近、ポケットモンスター 青に嵌ってみようと考えてるんですよね("▽")化ッ (旭化成風)
新たなことってゲームかいってツッコミが入りそうですが。。
余暇の過ごし方って生活の重大な要素なんですミ卍クルッ ミ(ノ゚^゚)ノ 登場!☆⌒(=゚ω^)v♪
共感??
いりませんウキャキャヾ(>▽<)ゞヾ(▽^ )ゞヾ( >▽)ゞウキャ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ここんとこ映画一筋な感じなので感想をご紹介させて頂きたいと思います!!!U=^▽^)キャッキャッキャッ

はい!?あなたの紹介文は?
なんて突っ込みはスルーキャハハ!!彡ヾ(▽≦*)ツ...ヾ(*≧▽)ノ彡キャハハ!!


今回は「ネットワーク」の感想について紹介しようかと思っています!! ヾ(@°▽°@)ノあはは 


この映画が作られた年は1976年です!!

監督はシドニー・ルメットで、脚本がパディ・チャイエフスキーです!!Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!

この映画の主役はフェイ・ダナウェイ (ダイアナ・クリステンセン)です。σ(゚・゚*)ンート・・・

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとフェイ・ダナウェイ (ダイアナ・クリステンセン)、ウィリアム・ホールデン (マックス・シューマッカー)、ピーター・フィンチ (ハワード・ビール)、ロバート・デュヴァル (フランク・ハケット)、ネッド・ビーティ (アーサー・ジェンセン)、ウェズリー・アディ (ネルソン・チャニー)、ビアトリス・ストレイト (ルイーズ・シューマッカー)、コンチャータ・フェレル (バーバラ・シュレシンジャー)、レイン・スミス〔男優〕 (ロバート・マックダナウ)、ウィリアム・プリンス (エドワード・ジョージ・ラディ)ってな感じヽ(^◇^*)/ ワーイ

ごめんなさい、正直ピンとこないので
す。

番組を下ろされることになったキャスターが
、精神に異常をきたし、常軌を逸した言動を
繰り返して、逆に出演番組の視聴率が
ウナギ登りになっていく・・・、というオハナシなので
すが。

しかしこの番組、ちっとも面白そうじゃないんだけどなあ。
この辺りからしてどうも誇大妄想的に
感じられちゃう。
もっとも、作品の主眼はこの番組を
描くことではなく、その背後にうごめく人々の姿を
描くことの方に置かれている訳ですが


いやどうせテレビの裏側なんてそんなもんだよね、
と誰しもが訳知り顔に言いたくなる、
でも結局はテレビに乗せられてしまう。


そう言えばこの映画自体も、“惨劇を
報道するニュースショー”で締めくくってみせるあたり、
「この作品だって“ショー”なんだよ、
見世物なんだよ、作りものなんだよ、
“裏側を描いた”この作品を観たからといって真実を
見抜いた気になっちゃいけないよ」と警告しているかのような。

 ところでこの作品で「時の人」となるキャスターは
、ファナティックなキャラで、そういう人が
カリスマになるってことがピンとこない点で
もあるのだけど、妙な人物がカリスマとなって社会に
君臨しちゃう、ということ自体の恐怖というのは
、むしろ今の方がずっと大きくなっている。


それは多分、カリスマ本人よりも、
その信者の発言力が、このネット時代に
おいて極めて強いものになってしまっているから。
野沢尚の『砦なき者』なんて結構リアルに
感じてしまう。

この『ネットワーク』という作品は
、仕掛け人たちが、自身が振り回されつつも事態を
何とかコントロールしちゃうオハナシだったけど(ブラックなオチが
待ってるんだけれど)、これからは
、もう真にコントロール不可能な時代が
待ち受けている。

のかも知れない。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は小三元に焦点を当てたいと思います!!!!ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ


二ハン役ではあるが、必ず三元牌(サンゲンハイ)(役牌)が2つ付くから実質四翻役です。


三元牌(白發中)のうち、2つを刻子に、1つを雀頭にした際に成り立ちます。

総じて刻子(コウツ)にできれば大三元という役満になる。

一般的に2鳴きした場合点で残りの一つは出てこなくなりますので、
最後は自力で引きこんでくる必要があるのです。

河に2枚出ている状態で単騎待ちをすればもしかしたら出てくるかも知れない……が、過度な期待はしないんですように。

運よく暗刻で構えることができたなら一気に和了やすい役と化す。
……そういう場合に限って相手が残りを握っているんですけどね(;´▽`A``


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

小三元(出現割合:0.15%)
こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
ただ小三元の特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。エートォ (・o・) エートォ


今から5時間後にはついに待ちに待った大学院1回生の友だちとの麻雀です。
楽しみだ(⌒-⌒)ニコニコ...

DORA麻雀の評判は??




おすすめ記事