読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「クイズ・ショウ」に関して & DORA麻雀の役「四槓子」

今日のおめざめワイドでは最高の運勢でしたため、
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここ最近、役満を買おうかと思ってるんだな(*≧m≦*)ププッ
新しいことってゲームなんかいと思われそうですが
遊びって生活の重大な要素なんです只今 \( ̄^ ̄)/ 参上!!
理解?
必要ないです(´m`)クスクス

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と燃えております!川 ̄ー ̄)ロンゲニヤリ
と言ってもyahooレビューですがヾ(@^▽^@)ノ ワーイ


今日は「クイズ・ショウ」の感想について紹介しようかと思っています!!!!(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪


この映画の製作年は1994年です!!!

監督はロバート・レッドフォードで、脚本がポール・アタナシオです!Ψ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!

この映画の主役はジョン・タートゥーロ (ハービー・ステンペル)、ロブ・モロー (ディック・グッドウィン)です!!!

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、レイフ・ファインズ (チャールズ・ヴァン・ドーレン)、ポール・スコフィールド〔男優〕 (マーク・ヴァン・ドーレン)、デヴィッド・ペイマー (ダン・エンライト)、ハンク・アザリア (アルバート・フリードマン)、クリストファー・マクドナルド (ジャック・バリー)、ミラ・ソルヴィーノ (サンドラ・グッドウィン)、マーティン・スコセッシ (マーティン)、バリー・レヴィンソン〔1942年生〕 (デーヴ・ガロウェイ)って感じですね川 ̄ー ̄川 ワンレンニヤリ

当の番組自体が面白いのに、さらにその裏側まで
交えて描くわけだから、面白くないわけが
無い! と言いたいところですが、
社会性のあるテーマを取り上げる際に
はドラマをどう組み立てるかが重要、
やっぱり少~しドラマ性が弱いかな、
という気も。

こんな直接的なテレビ界のヤラセ事件を
90年代にいまさら取り上げても、
テーマ自体にスキャンダラスなものは
あまり感じないので、特にドラマの盛り上げ方が
問われるところだと思います。

演出の誠実さは折り紙付きですけどね。



◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~イエーイ(∇^*d)(b*^∇)イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は四槓子に焦点を当てたいと思います!!!! ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ 


カンを4回行い和了すると成立する

雀頭と4つの槓子(暗槓、小明槓、大明槓問わず)を揃えた時に成り立つ役満です。

三槓子からさらに1つ加えることで役満四槓子(すーかんつ)」になるんです。

役満の中でも最高レベルの難易度ですので、
長く麻雀を打っている人でも上がったことのない人も多いと思います。


カンを4回するだけでも大変な行為ですが、最後が手元に1枚だけの裸単騎になり役満
テンパイしていることが全員にわかってしまいロンでのあがりが期待できないのです(-。-;)


三槓子四槓子ともに最初から狙いにいくような役ではなく、
偶然狙えるような状況に出くわしたから狙ってみるといった程度の運に
左右される役満だといえますね(゚▽゚*)ニパッ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・


今晩はこの辺で
けど今日は何故か手が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休みなさいオ((゚0゚| ヤ((゚o| ス((゚| ミ!((三[家]o_ω_)ozZZ



おすすめ記事