読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 40 $の勝ち & 映画「フラッド」のレビュー

う~~ん、やばいな。。体重が・・・( ̄ーÅ)ホロリ
減量し始めないとヤバイ

こないだねじめびわ茶を大学院1回生の時の友人に薦められたので
試しに初めてみよっかな...8-|κ`∀´|κ ウケケケ!!

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

ここ最近映画命な感じなのでお勧め映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えていますヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪

はい??あなたのレビューは??
って突っ込みはスルー(^ー^* )フフ♪


今日は「フラッド」の感想について紹介しようかと思っています。アハハハ!! (o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)


この映画の製作年は1998年です!!!!

監督はミカエル・サロモンで、脚本がグレアム・ヨストです!!!!( ´,_ゝ`)プッ

この映画のメインは、モーガン・フリーマン (ジム)、クリスチャン・スレーター (トム)です(?(。_。).。o0O??

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
モーガン・フリーマン (ジム)、クリスチャン・スレーター (トム)、ランディ・クエイド (マイク・コリンズ保安官)、ミニー・ドライヴァー (カレン)、エドワード・アズナー (チャーリー)、リッキー・ハリス (レイ)、マーク・ロルストン (ウェイン・ブライス)、リチャード・ダイサート (ヘンリー・シアーズ)、ベティ・ホワイト (ドリーン・シアーズ)って感じですねψ( ̄▽ ̄)ψイヒイヒイヒイヒ

デザスター映画と思いきや犯罪アクションで
したというミカエル・ソロモン初監督作品。

洪水のアクションより銃撃アクションの方が
迫力あったような気がする。
もっと洪水に対する恐怖などをストレートに
描いた方が良かったね。


安易な邦題にも問題ありだ。

ちなみにこの映画は国内初のDTS-DVDとして発売された記念すべき作品で
ある。



●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は小三元を説明したいと思います┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ



・白 発 中のうち2種類を刻子(コウツ) 残りを対子(トイツ)にする
・2ハン役だが、役牌が2つ絶対に複合するから実質4ハン
・ポン・チー・ミンカンをしても変化なし


大原『形は上の条件の通りです。
三元牌(さんげんはい)のうち2種類を刻子(コウツ)(3枚)にして、残りが対子(トイツ)(2枚)になります。

小三元そのものは「2翻」の役ですねが「ファンパイ」が2つくっついてくるから、実質は4翻ですよ。』


白白白 發發發 中中 5萬 6萬 7萬 ②ピン ③ピン ④ピン


大原『上の時ですと
「白のファンパイ/1翻」+「發のファンパイ/1ハン」+「小三元/2ハン」で、実質4翻ですよね。』


出口『「小三元」があるなら、「大三元」があるわけだ』


大原『その通り。(o^∇^o)ノ 大三元という役満があります。}}


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

小三元(出現割合:0.15%)
こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
ただ小三元特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ( ̄-  ̄ ) ンー


今から4時間後には待ち焦がれたマナビスの友だちとの麻雀だ。
早く来ないかなキャハキャハ!!(^Q^)/゙



おすすめ記事