読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「バリー・リンドン」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 29 $の勝ち

3日前検査の結果を渡されました。(^○^)

その結果はというと
全て健康(`∇´ )にょほほほ

あ~マジで問題なくてよかった
ここ最近、普通歩行を毎日してるせいですかね?(  ̄ー ̄)/C□☆□D\( ̄ー ̄ )カンパーイ!

明日からも続けよ...8-|κ`∀´|κ ウケケケ!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と考えています!!!(_ー+_)逆ニヤ
ってヤフーにある感想ですがヽ(*^^*)ノ


今日は「バリー・リンドン」の感想を紹介したいと思っています。o(>▽<)o ウキャキャウキャキャ


この映画が作られた年は1975年です!

監督はスタンリー・キューブリックで、脚本がスタンリー・キューブリックです!![壁]^▽^)キャッキャッキャッ

この映画の主役はレドモンド・バリー演じるライアン・オニールです。(?(。_。).。o0O??

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ライアン・オニール (レドモンド・バリー)、マリサ・ベレンソン (レディ・リンドン)、パトリック・マギー (シュヴァリエ・ド・バリバリ)、ハーディ・クリューガー (ポッツドルフ隊長)、スティーヴン・バーコフ (ラッド卿)、ゲイ・ハミルトン〔女優・1943年生〕 (ノラ)、マリー・キーン (バリーの母)、マーレイ・メルヴィン (ラント神父)、ゴッドフリー・クイグリー (グローガン隊長)、レナード・ロシター (クィン大尉)って感じですねわ~い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ~い♪

緑の丘を赤い服の軍隊が行進していくシーンに
やられた。

音楽も映像も、これでもか!というくらいに
綺麗。

絵画のよう、という意見に、すごい同感で
す。

ていうか、ロングで撮ってる遠景とか、
奥行きが少し微妙な気がするのは…あれは
、本当に絵なんじゃ…?(違う?) 話のほうは
、少し古典文学みたいだと思った。

別に、つまらないとか難解だとかという意味じゃなくて、
ただ、マンガみたいには読めないかな、
という感じ。

ラストなんかが、まさにそう。

でも、観ても絶対、損はないと思う。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~。(^▽^)/
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は清老頭に焦点を当てたいと思います!!!ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


老頭牌(数牌の1または9)だけで構成されてしまう関係上順子(しゅんつ)が含まれず、
必ず対々和(トイトイホウ)の形になるんですヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ

したがって、待ちも単騎待ちまたはシャンポン待ちに限定される。

混老頭(ホンロウトウ)の上位役に当たるが、混老頭(ほんろうとう)が13種の牌を使用できますのに対し、
清老頭(チンロウトウ)は6種に限定されてしまうから格段に難易度が上がるゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

また、一九牌が6種類しかないから七対子の形で和了ることができません
七対子(チートイツ)の4枚使いを認める場合はこの限りではない)。


たいていの場合、副露して作ることになるが、
端牌は序盤に早々と切り出される傾向が強く、配牌と展開によほど恵まれないと和了は難しい( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイ

和了のパターンとしては、国士崩れや純全帯公九(純チャン)狙いのところから
一九牌の対子・刻子(コウツ)が増えて変化していく際がほとんどである。


字牌のみで構成する字一色と似ているが、
字一色(つーいーそー)が7種類の牌を使えるのに対し、清老頭(チンロウトウ)は6種類の牌しか使えない上、
順子の構成要素として相手にこれらの牌を押さえられてしまう可能性もあるから、
確率的にも清老頭の方が難しい(* ̄o ̄)r オイデー


さらに、字一色(つーいーそー)が四喜和(大四喜小四喜)や大三元と複合し易いのに対し清老頭(ちんろーとー)には
そういった役も無く、ダブル役満へと得点を伸ばし難い。

また、同じ6種限定の緑一色と比較しても、順子(しゅんつ)の使用が出来なかったりする分、清老頭(チンロートー)の方が難しい。


理論上は四暗刻(すーあんこ)・四槓子(すーかんつ)との複合があり得るが、
実際これら全部を暗刻(アンコ)もしくは槓子にすることは極めて難しい(´~`ヾ) ポリポリ・・・


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清老頭(出現割合:0.00181%)
1と9だけで揃える役満。四人麻雀ならば見るのがかなり難しい役だが、三人麻雀ならばそのマンズの2~8は無くなるので出現率は飛躍的に上がる。とはいえ、それでも簡単に出る役満ではないのも確か。しかし役満の中では決め打ちの必要はあまりなく、対々和+混全帯九を少し視野に入れた打ち方の延長線上で偏り加減に応じて狙うことのできる役満でもある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。(━_━)ゝウーム


今から11時間後にはついに待ち焦がれた高校の時の塾の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~(*^^)v v(^^*) ヤッタネッ!



おすすめ記事