読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 174 $の負け & 映画「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」の感想

う~~んこの間受けた検査の診断結果が返ってきた(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

結果は・・・悪かった~~┌(* ̄)┘┌(* ̄ ̄)┘┌(* ̄  ̄)┘┌(* ̄‥ ̄*)┘ズンッ

まずは食事制限かエクセサイズを始めないと駄目だから
う~ん、ダイエットか。。(/□≦、)エーン!!

食事の量を減らすのは無理なので
スポーツだろうな。ε- (´ー`*) フッ

何が儂に適してるかな?(; ̄ー ̄川 アセアセ
楽に始められるスポーツといえば階段降りですかね
俺に限っては(゚ー゚;Aアセアセ

さりとて、一人だと継続できる自信がないイヤイヤ o(>_<)o ☆
誰か一緒にやれるパートナーを誘うべきだな(≡ ̄ー ̄≡)ニヤドラ

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

ここのところ映画命な感じなので映画のレビューをご紹介させて頂きたいと思います!!!!(^O^)/C□☆□D\(^_^ )カンパーイ!

はい!?あんたの紹介文ではないの??
というツッコミはスルーで(・。・)ぷっ♪


今回は「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」の感想について紹介しようかと思っています!!!!(( ̄( ̄一*( ̄一* ̄)一* ̄) ̄))キラン,,,フフ


この映画が作られた年は1997年です。

監督はロジャー・スポティスウッドで、脚本がブルース・フィアスティンです!ヘ(◇、 ̄)ノ~ ウヘヘヘ...

この映画のメインは、ジェームズ・ボンド演じるピアース・ブロスナンです!!「(゚~゚o)ウゥーン

この映画の出ている人を列挙するとピアース・ブロスナン (ジェームズ・ボンド)、ジョナサン・プライス (エリオット・カーヴァー)、ミシェル・ヨー (ウェイ・リン)、テリー・ハッチャー (パリス・カーヴァー)、リッキー・ジェイ (ヘンリー・グプタ)、ゲッツ・オットー (スタンパー)、ジュディ・デンチ ("M")、デズモンド・リューウェリン ("Q")、サマンサ・ボンド (ミス・マネーペニー)、ヴィンセント・スキャベリ (カウフマン博士)って感じですね。。。。ヘ(゚Q゚)ノ~ ウケケケ...

今まで007シリーズを見たことが無くて、
今回始めて見たのですが、かなり設定が
「ミッション・イン・ポッシブル」と似ているんで
すね。

いろんなアイテムが有るし、ド派手な爆破シーンとアクションは
見ていて爽快感すら有ります。

最初の戦闘機のシーンで、背後の敵のパイロットを
、脱出スイッチで飛び出させて上空を
飛んでいた敵機にぶち当てたところなんか、
思わず笑ってしまいました。
個人的にジャンルはアクションコメディーに
入ると思います。

とにかく、馬鹿馬鹿しくなるほど豪快なアクションが
連続します。

あと、ミシェル・ヨーは綺麗になりましたね。
得意のカンフーアクションは控え目で
したが、以前よりも存在感が増したような印象で
す。

このようなおバカアクションは苦手なので
すが、以外と最後まで見れました。



◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~。(⌒~⌒)ニンマリ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は字一色を説明したいと思いますぎゃははははは _(T-T)ノ彡☆ばんばん!


役満。 読んで字の如く、東南西北白發中の字牌のみで構成された和了形でしょう。

だが、捨てた牌が偏ったり、派手な副露になるんです事が多いから警戒されやすく、難易度は高い。

完成は混老頭(ホンロウトウ)と同じく対々和(トイトイホー)形と七対子(ちーといつ)形の二種類あるU=^▽^)キャッキャッキャッ


七対子(チートイツ)形の字一色大七星(七福星)というローカル役満ですね ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ 

知名度の割にゲームでの採用例が極端に少ない。
→麻雀のローカル役一覧も参照されたし


すべての字牌をトイツにしなければならないので、
鳴きが可能な対々和(トイトイホウ)形よりもさらに難易度が高く、とても珍しい。

ただでさえポンされやすい字牌のみで七対子を狙う行為はまさにロマンと言える( ̄ー ̄)ニヤリッ(_ー_)逆ニヤリ(    )クルッ!( ̄ー ̄)ニヤリッ



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

字一色(出現割合:0.008%)
字牌が大幅に偏った時、手の中に見える「混一色対々和」の目の前の上がりをいかに捨て強欲に走るか、"欲を出すセンス"が問われる役満
手広く打った場合は「混一色対々和」に惑わされ、それでも突っ走るならばその牌を終盤に切るという大きなリスクを背負い、また序盤で決め打ちをする男らしい打ち方は出上がりの可能性を大きく損ねてしまう。欲の見せ所だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(・へ・;;)うーむ・・・・


今から3時間後にはやっと大学2年生の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~*1ワッハッハ

DORA麻雀の2ch評判




おすすめ記事

 

 

 

 

 

 

 



 

*1:┌(。△。)┐