読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「墨攻」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 32 $の負け

陽気もすっかり秋ですね~('-'*)エヘ
就寝時はちょっと寒く毛布がなかったら寒い気がしてなりません
風邪にかからないように温かくして寝よう柱|皿 ̄)q゙ウシシシシ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここの所映画大好きーな感じなのでオススメ映画の感想を紹介していきたいと思います!d=====( ̄∇ ̄*)bイエーイd(* ̄∇ ̄)=====b

はい!?テメエのレビューではないの??
って感想は華麗にスルーします_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!


今回は「墨攻」の感想について紹介しようかと思っています!!ヘ(゚¬゚)ノ~ ウケケケ...


この映画が作られた年は2006年です!!

監督はジェイコブ・チャンで、脚本がジェイコブ・チャンです(*`▽´*)ウヒョヒョ

この映画でメインで出てくる人はアンディ・ラウ (革離)、アン・ソンギ (巷掩中)です。(━_━)ゝウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ニッキー・ウー、チン・シウホウ、ウー・マ、ユエ・チェンウェイってな感じ。(○゚ε^○)v ィェィ♪

全くの知識ゼロで見始めると、「1人の男が
10万人の軍勢に立ち向かう」というイメージを
、戦略とかではなく、超人的な強さで
懲らしめるスーパーヒーローが出てくるので
はないかと思えてしまう。

実際には墨家は至って平和主義で、
そのギャップに少々肩透かしだった感じが
した。

1つ1つのエピソードはつまらなくないが
、国家の長があまりにバカで(アン・ソンギ役の男は
別として)、そんな必死になって守る価値が
あるのか?と疑問に思えてしまった。

主人公に恋愛の要素を絡めたが、結局バッドエンドに
なるのであれば中途半端な人間ドラマを
もう少し軍事的な戦いの方に注いで
も良かったかなと思った。
合戦シーンはもっとじっくりと見せたほうが
更にスケール感は出た気がする。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は字一色に焦点を当てたいと思います!y( ̄ー ̄)yピースピース


字一色というのはかなり珍しい役満の一つですよ。
ここでは、先生役の西堀と生徒役の大橋のおふたりに出てきてもらいましょう。


字牌のみで完成させる
・ポン 明槓(ミンカン)をしてもOK


西堀『漢字で書くとが「字一色(つーいーそー)」なので、イメージわきますよね。このような形です。
ポンせずに作るとなるとちょっと難しいかもしれません…。』


大橋『大三元なんかと複合も可能なのかよ?「大三元 字一色(つーいーそー)」でダブル役満にはならないのでしょうか』


西堀『ええ、なるんですよ。なかなか難しいですが「大三元 字一色(つーいーそー)」は不可能ではありません。
大四喜(ダイスーシー)や小四喜(しょうすーしー)とも複合は可能といえば可能になります(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)ポッ♪

同じ系統の役で「緑一色」という役満があるρ(-ε- )イヂイヂ』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

字一色(出現割合:0.008%)
字牌が大幅に偏った時、手の中に見える「混一色対々和」の目の前の上がりをいかに捨て強欲に走るか、"欲を出すセンス"が問われる役満
手広く打った場合は「混一色対々和」に惑わされ、それでも突っ走るならばその牌を終盤に切るという大きなリスクを背負い、また序盤で決め打ちをする男らしい打ち方は出上がりの可能性を大きく損ねてしまう。欲の見せ所だ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…


今から5時間後にはついに幼稚園の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだ(゚ー゚)ニヤリ



おすすめ記事