読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「サブウェイ123 激突」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 57 $の負け

さ!「スポーツの秋」やし、
何か競技をスタートするべきかピョーン°゚°。。ヘ(゚¬゚*)ノ

何が私に適してるかな?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
やはり手軽にできるスポーツと駄目ですからね
だってしんどいと続かないからね~ヾ(∇'〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

考えておこうヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と考えていますy( ̄ー ̄)yピースピース
ってyahooレビューに載ってる感想ですが☆ヽ(▽⌒) きゃはーん♪


今回は「サブウェイ123 激突」の感想について紹介しようかと思っています!!!!川 ̄ι ̄川フフフ


この映画の製作年は2009年です!!!!

監督はトニー・スコットで、脚本がブライアン・ヘルゲランドです!!!!(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

この映画の主役はライダー演じるジョン・トラヴォルタです!!!( ̄ヘ ̄)ウーン

取り敢えず、この映画の俳優さんは、ジョン・トラヴォルタデンゼル・ワシントン、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ブライアン・ヘイリーってな感じ♪♪♪♪Happy (ノ^^)乂(^^ )ノHappy♪♪♪♪

オリジナル未見。

トニー・スコットに関しては、スタイリッシュかつなかなか凝った独特な映像を
用いるので好みの監督なのだが、ときたまハズレの作品が
あるというイメージ。
今回はハズレではないだろうという期待が
あったが、どうやらハズレだったようだ。

極端につまらない作品ではないが、
意外と捻りがなく盛り上がらない作品に
仕上がっており、サプライズ感はほぼゼロに
等しい。

予測どおりにストーリーが進み、予定どおりに
ストーリーが終わっている。

“地下鉄”という珍しくユニークな設定の割に
は“動き”がほとんどなく、地上で
人質を取っている場合とさほど大差が
なかったのもやや拍子抜け。

“地下鉄”という設定の良さを活かしきれていないように
思われる。
“地下鉄”のプロとハイジャック犯との地下鉄を
舞台にした頭脳戦が繰り広げられるという類の作品で
はなかった。

本作は派手なアクションでもなく、
濃厚なサスペンスでもなく、『かつて絶頂を
経験した男が何らかの事情でどん底を
味わうものの、再び這い上がって、
男としての生き様・散り際をみせる』というテーマが
本作の根底にあるように思われる。

これらのことはライダーもガーバーに
も共通している。

しかし、価値観は異なるものの、同じベクトルが
向いているはずの二人の“出会い”が
上手く表現されていないようだ。

どん底を経験したガーバーだからこそライダーの気持ちは
分かるはずだ。

ライダーの気持ちを察してのガーバーの最後の行動という“エンディング”に
向けての盛り上げ方がかなり足りないように
思う。

ベクトルが同じ方向なのか、それとも相対するものなのか、
“家族”や“宗教的な要素”も交えなが
らまとめて欲しかったところだ。


また、“どん底を味わった”という想いを
抱えているのは彼らだけではないは
ずだ。

不倫疑惑の市長、この事件で名前を
あげたいはずのイタリア系の警察官、
ガーバーの後釜の管理職、もしかしたら人質の中に
もそういう者がいたかもしれない。

このような複雑に絡みあうはずの人間模様が
カットされているのはもったいない。

ライダーとガーバー以外はほとんど“空気”と同じというのは
良作とは言えないのではないか。
たとえ単純な事件であっても、それぞれの思惑を
抱える登場人物が掻き乱すことによって、
ダイナミックとなり、豊かで複雑なものとなっていくは
ずだ。




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね~ヾ(●´▽`●)ノ彡☆勹"ノヽノヽノヽノヽノヽ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は対々和に焦点を当てたいと思います('▽'*)ニパッ♪


刻子(こうつ)だけで役を作ると、三暗刻(サンアンコ)や四暗刻(すーあんこー)などの大きな手に発展します。

何せ同じ牌ばかりを3枚集めて、それを3つも4つも作るのですから、
その難易度はとても高くなるんです。


しかし、ポンによって他のプレイヤーの捨テ牌を使えば、
比較的単純に刻子だけの役を作ることができるんだ

そうしてできた役が、対々和(といといほう)です。


なお、シャンポン待ちで四暗刻(スーアンコー)を聴牌している場合、
自摸れば四暗刻成立で役満ですが、
和了りだと三暗刻(サンアンコー)と対々和の同時成立で満貫となるんです。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


麻雀最強伝説

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

対々和(出現割合:3.92%)
順子が無ければ良い単純な役。
しかし意外にその出現頻度を少なく、それでいて喰い下がりが無い対々和鳴き麻雀を展開する人にとっては必ず視野に入れて打つ役である。「帯ヤオ九」以外にも「混一色」、さらに「三色同刻」も視野に入れるケースもあるだろう。ドラの副露の場合はハネ満まで伸びるケースも珍しくないので鳴きながらゲーム自体を終わらせる破壊力を持つ場合もある。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(━_━)ゝウーム



DORA麻雀

今日はこの辺で
しかし今日は何故か指が痛い。。治ってほしいなあ。。
さよなら~オ(*゚o゚*)ヤ(*^0^*)ス(*゚▽゚*)ミィ(゚-^*)ノ""マタネ♪

ドラ麻雀での登録にゃん




おすすめ記事