読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「我が家の楽園」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 156 $の勝ち

最近受けた健康診断の結果が返ってきました⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ

その結果はというと
健康('0ノ'*)オーホホッ

あ~良かったわ。問題が無くて
ここの所、ヨガを習慣化させたご褒美ですかね?( ´艸`)ムププ

来月からも続けよウケケ~ψ(◇´*)ψ(`∇´)ψ(ψ゚ρ゚)ψウケケ

-----------------------------

最近映画に夢中になっているのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと思います!!!!きゃははは(o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)

はい!?自分の感想は??
なんてツッコミは華麗にスルーしますホホホ!(^O^)


今日は「我が家の楽園」の感想について紹介しようかと思っていますψ(*`^´)ψウケケ


この映画が作られた年は1938年です!!

監督はフランク・キャプラで、脚本がロバート・リスキンです!!!(='m')くすくすっ♪

この映画の主役はトニー演じるジェームズ・スチュワートです!!

この映画の俳優さんは、ジェームズ・スチュワート、ライオネル・バリモア、ジーン・アーサー、アン・ミラー〔女優〕、エドワード・アーノルド、スプリング・バイイントン、ドナルド・ミーク、ミシャ・オウアってな感じ。ヘ(゚¬゚)ノ~ ウケケケ...

まるで舞台劇のようだった。
最初にシカモア家が紹介されるシーンで
は、観る者を完全に置き去りにする程のスピード感。

勿論いい意味で。

次々に現れるヘンな住人たちに、一気に
引き込まれずにいられない。
全体を通して、一見支離滅裂でありなが
ら緻密に計算された演出が心地よく、
散りばめられた小ネタも楽しい。
とにかく古さを感じさせない。


大企業の社長さんが堂々とした演技を
見せており、見事な人間像だった。

「どんな大団円なんだろう」と先が
読める展開だったにも拘らず、ラストも不満の残らない形で
締めてくれたのは、監督のさすがの力量か。


-----------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~x・)ぷっ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は天和に焦点を当てたいと思います。乾杯じゃ~(ノ▼皿▼)ノC□☆□Dヽ(▼皿▼ヽ)


役満の1つ。


自分が親であり、配牌場合に和了りの形ができている場合に成立するんだ。

あがりの形はなんでもよく、役なしでも七対子でも他の役満でもかまわないモォイイッc(>_<。)シ*バシッ

あくまで最初の配牌時の14枚で形が出来ていることが条件ですね。

第一配牌でカンしてリンシャンで上がっても天和(テンホー)ではない。


完全に運によってのみ出現する役であり、「天からの授かりもの」の意から名付けられている。

天に対してロンをするという意味から「天和(てんほう)」という名前が付いており、
今でも天和(テンホー)はロン和了りだという説を支持する人もいる|* ̄ー ̄|

ただし実際のゲームにおいては、放銃者がいなくてはロンホーラの支払いが出来ないため、
語源はともかくとして自摸和了り扱いとして扱われているダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ


まず見ることのない役満であり、一生打ち続けてみるか見ないかというレベルでしょう。

実際、全ての役満の中で四槓子と並んで一番見る頻度が少ない。

ある人が計算した結果によると、天和の出現率はおよそ33万分の1なんだとか(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じo( ̄ー ̄;)ゞううむ



DORA麻雀のブログ

今日はこの辺で
けど今日は何故か指が痛い。。治ってほしいなあ。。
ばいば~い(。・o・)お(。・д・)や(。・。・)す(。・_・)ノみ♪



おすすめ記事