読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「ニューヨーク1997」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 161 $の勝ち

今朝の今日の占い カウントダウンでは上の方の運勢でしたから、
今日は新しいことに挑戦してみようかな?
近頃、水中ウォーキングを始めてみようかと思ってるんですよ(・Θ・;)アセアセ…
けれども、スタートしようと思うと少しなんだけど買い揃えないと駄目なんだよな。。ヤレヤレヽ(~~~ )ノ
あ~。。やりたくないイエイエ*1イエイエ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を伝えたい!と燃えております。(_¬_)逆ニヤリ
ってヤフーに載ってる感想ですがぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!


今日は「ニューヨーク1997」の感想ですね!!!!ばんばんっ!┃☆ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!


この映画が作られた年は1981年です。

監督はジョン・カーペンターで、脚本がジョン・カーペンターニック・キャッスル〔1947年生〕です。(^◇^)ケッケッケ...

この映画のメインは何と言っても!!!カート・ラッセル (スネーク・プリスキン)です。(?(。_。).。o0O??

この映画の他の俳優さんを列挙すると、リー・ヴァン・クリーフアーネスト・ボーグナインドナルド・プレザンスアイザック・ヘイズ、シーズン・ヒューブリー、ハリー・ディーン・スタントンエイドリアン・バーボー、トム・アトキンス、ジョン・ディールって感じですねわぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい

観たのは、20年以上前になるが、試写会で
見た。

近未来【ニューヨーク・マンハッタン】を
巨大な刑務所になっている。

そこに重大機密をにぎった大統領が
、飛行機事故により墜落する。

もと囚人の【スネーク】登場。
彼を時間制限で救い出す。

最後、重大機密の会議用テープが、
音楽のテープにさしかわっているところなど、
こころにくい演出だ。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね~。(o_ _)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は大三元を説明したいと思います!!!!/(。△。*)逆ニパッ


三元牌を総じて刻子(コウツ)にすると成立

何らかの牌による雀頭および1面子に加え、三元牌(サンゲンハイ)を使った3メンツを揃えた時に成立するんだ役満です。

字牌のうち三元牌を使った麻雀役をご紹介しましょう((((((( ‥)ノ |EXIT|

大三元小三元をさらにパワーアップさせた形です。
1種類が雀頭になっていた小三元に対して、全て3枚の刻子にすれば役満大三元が成立する。

役満の中では「四暗刻」「国士無双」と並んで見かけることができる、難易度の低い役満といえるだろう。

実戦では以下のシャンポン待ちのように、小三元大三元の別れ目となるんです際が登場します。
大三元小三元


9ピン 9ピン 9ピン 三萬 三萬 白白 中中中 發發發


大三元は3種類の牌だけで完成することができるんだ
特に相手が三元牌(さんげんはい)のうち、2種類をポンしている中盤以降の状況では、
残りの1種類を捨てると大三元にロンされる可能性が高いといえるだろう(^w^) ぶぶぶ・・・

責任払い「包(パオ)」とも関係してくるため気をつけて下さい


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じハイロッカ((( -_-)ヤメヨッカ(-__- )))カンガエチュウ(;-_-)o"



dora麻雀での出金方法じゃよ。ⅵ

今日はこの辺で
しっかし今日は何故か太ももが痛い。。治ってほしいなあ。。
温かくして寝~よおっとお(^o^) や(^O^) す(^^) みぃ(^-^)



おすすめ記事

 

 

 

 

 

 



 

*1:~∇~ )( ~∇~