読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「アイランド(2005)」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 182 $の勝ち

本日は昼過ぎから晴れなんだって(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

天気がいいならば遊びに出てみよう(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここの所映画にぞっこんLOVEなのでレビューをご紹介させて頂きたいと思います!!!!(´m`)クスクス

は?お前の紹介文じゃないの?
という突っ込みはスルーで\(^▽^)/


今回は「アイランド(2005)」の感想を紹介しようかと思っています!!!( ̄▽ ̄)うへへへぇ~


この映画の製作年は2005年です!!

監督はマイケル・ベイで、脚本がカスピアン・トレッドウェル=オーウェンアレックス・カーツマン〔脚本〕です!!ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ

この映画のメインは何と言っても!!!ユアン・マクレガー (リンカーン・6・エコー/トム・リンカーン)とスカーレット・ヨハンソン (ジョーダン・2・デルタ/サラ・ジョーダン)です

取り敢えず、この映画の出ている人列挙するとユアン・マクレガー (リンカーン・6・エコー/トム・リンカーン)、スカーレット・ヨハンソン (ジョーダン・2・デルタ/サラ・ジョーダン)、ジャイモン・フンスー (アルバート・ローレント)、スティーヴ・ブシェミ (マッコード)、ショーン・ビーン (メリック)、マイケル・クラーク・ダンカン (スタークウェザー)、マックス・ベイカー (カーンズ)、グレン・モーシャワー (Medical Courier)、クリス・エリス[男優・1956年生] (Aces & Spades Bartender)、ドン・マイケル・ポール (Bar Guy)ってな感じ(~0~)/□☆□\(~▽~ ) キャンパーイ

ありきたりな設定、先がミエミエのストーリー展開・・・その割りに
・・・長い!長すぎるっ!だいたい予告の時点で
ネタバレしてるのがNG!もうちょっと謎めいた予告に
すれば、せめてあのカーチェイスくらいまで
はハラハラして見れたのにね。

●もう主人公がこの後どう行動して、
どうなるのかっつーのが読めすぎる!そしてお約束の敵の寝返り(爆)、
かくして施設は破壊され、クローンは
解放された・・・って、コラコラ!そんなんで
いいんかいっ!その後に起こる社会的問題や混乱具合を
描いた方がよっぽど面白いクローンを
題材にした映画になるぞっ!●映像的に
もね~、なんだか、ず~っとCMを
見させられてるような気分になるし映画と言うに
は程遠いシロモノ。
ワンクールのTVドラマで良かったんじゃないの?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~(=v=)ムフフ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回はピンフを説明したいと思います!!!(=v=)ムフフ♪


麻雀における一翻役の一つ。
順子、数牌を七萬 八萬 九萬や二萬 三萬 四萬のように3つ揃えたものを4組+雀頭で構成される。
ただし正確には、平和を成立させるには以下のような条件を満たす必要があります(。-_-。 )ノハイ


1, 面前であること。
2, 4つの面子を全て順子で構成すること。
3, 雀頭が役牌でないこと。(三元牌や自風・場風の字牌はアタマとして使用できない)
4, 両面待ちであること。


このような条件があり、初心者は特に3,4に気をつける必要がある。

何故他のホーラ役よりも複雑な条件になってしまっているのかというと、
「ピンフ=ホーラ点20符以外の点が無いホーラ」と定義されていたからですσ(^_^;)アセアセ...

なお、ピンフが役になった時点では1の条件はなかった。

つまり食い平和(ピンフ)として認められていたのだが、
現在これを認めることはまずないといっていい。


断公九(タンヤオ)と並び、和了りやすいとされる手役です。

また、使用する牌の種類が多くなる(最大13種)和了り方であるので、
ドラ・裏ドラが乗りやすく、赤ありのルールの場合は赤牌が含まれやすい。


他の役(断公九(タンヤオ)・イーペーコー・三色同順(サンショクドウジュン)・一通など)と
複合しやすいあがり方でもあるから、
和了り方の基本中の基本として扱われていることが多い。


○平和(ピンフ)ツモの有無について

平和は本来、「符の付かない上がり」と定義される
(上述したピンフの成立条件のうち、
2~4は「符の付かない面子」「符の付かない雀頭」「符の付かない待ち」と言い換えることができる)。

そのため、本来の定義に従えば


5. ロンアガリであること。(自摸和了りでは2符が付く)

という条件が付き、平和はツモとは複合しないこととなる。

この本来の定義通り、平和(ピンフ)ツモを平和として認めないルールがある
(関西で多いらしい)

一方で、現在主流となっているルールでは自摸とピンフの複合が認められており、その場合はツモの2符を無視して20符として扱う。
平和(ピンフ)自摸の有無は事前にルール確認しておく必要がある。

ピンフ自摸が認められてる時、
たとえば「『リーチ(立直)・ピンフ・三色同順・ドラ1』を自摸和了りした場合」に

平和(ピンフ)自摸なしだと、5翻30符=満貫
平和(ピンフ)自摸ありだと、6翻20符=ハネ満貫

となり、同じ手役でもより大きな点数が動くこととなる。

なお、副露したピンフ形は1翻役として認められない代わりに、
10符を付加し30符として計算するのが一般的である。

例えば「面子が全て順子・両面待ちの食いタンのみ手をロン和了」した際は、
20符1翻=700点ではなく30符1翻=1000点とする。

複雑に思えるが、「20符になるのはピンフツモの場合だけ」
と覚えておけば、符計算のときに混乱することは無いでしょう(_ー+_)逆ニヤ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

平和(出現割合:19.9%)
麻雀で最もオーソドックスな役で、案外素人に教えるのが難しい役でもある。
上がりの待ちの広さから初心者から上級者まで幅広く使われるが、現在の外を切って中に寄せる麻雀では捨て牌からある程度の推測ができるのも事実。 ヤミテンならあまり問題はないが、立直をかけるなら早い巡から相手の副露状況捨て牌を考慮して宣言するのがいいだろう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じσ( ̄、 ̄=)ンート・・・



DORA麻雀


DORA麻雀に登録するためには

今から1時間後には待ち焦がれた大学1回生の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪



おすすめ記事