読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀王に俺はなる!

麻雀で食う!つまりは雀ゴロに俺はなる

映画「ワールド・ウォー Z」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 151 $の勝ち

今朝は豪雨だったな(ーー )Ξ( ーー) ブルンブルン

雨が降ったせいで洗濯物がたくさんたまってしまったからな。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

ほんじつは洗濯だε=ε=ε=ε=ε=~~\\(m▼_)mパララ♪パララ~♪♪
それと心の洗濯もしよっかな~♪*1♪わくわく

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最近映画に夢中になっているのでオススメ映画の感想をご紹介したいと燃えておりますd(゚-^*) ナイス♪

え!?あなたの感想ではないの??
という突っ込みはスルー☆^v(*^∇')乂('∇^*)v^☆ヤッタネ!!


本日は「ワールド・ウォー Z」の感想ですね!!!!(^▽^)/


この映画が作られた年は2013年です!!!!

監督はマーク・フォースターで、脚本がマシュー・マイケル・カーナハンです( ^∇^)キャキャキャ

この映画のメインは、ジェリー・レイン演じるブラッド・ピットです!!!(゚-゚;)ウーン

この映画の出ている人を列挙するとブラッド・ピット (ジェリー・レイン)ってな感じ(^0^*オッホホ

こらあかんなぁ。


「アイ・アム・ア・ヒーロー」のハリウッド版実写みたいな映画だが
、正直出来は良くないです。

本作のゾンビ(Zと呼んでるが)は
「噛まれて10秒で発症」「おそろしく強い、
速い」でこれじゃ勝ち目はない。

中盤までは感染源を探る展開でミステリアスな演出もあり、
それなりに楽しめますが、クライマックスの展開は
唖然、ラストもそりゃないよです。
どうでもいいけど(良くないけど)序盤で
あっさり死んだあの若き博士が気の毒で
しばらく引きずりました。

いくらなんでもそりゃないよ、と。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は清老頭に焦点を当てたいと思います!わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪


字一色(つーいーそー)と対をなす役で、あちらが字牌だけで構成するのに対し、
こちらは残りの公九牌(ヤオチュウハイ)、つまり1,9牌のみで構成する役である(・Θ・;)アセアセ…

門前役ではないため、鳴くことも可能です(・x・)ぷっ

字一色は7種28牌を使うことが可能のが、
清老頭は6種24牌と字一色(つーいーそー)よりも牌の種類が少ないうえ、
1,9牌はすぐに捨てられることが多く、序盤から1,9牌を多く持っていないと
チャンスすらほぼないという非常に難易度の高い役満ですね。


一応四暗刻(すーあんこー)とも複合可能| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ ニョキ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清老頭(出現割合:0.00181%)
1と9だけで揃える役満。四人麻雀ならば見るのがかなり難しい役だが、三人麻雀ならばそのマンズの2~8は無くなるので出現率は飛躍的に上がる。とはいえ、それでも簡単に出る役満ではないのも確か。しかし役満の中では決め打ちの必要はあまりなく、対々和+混全帯九を少し視野に入れた打ち方の延長線上で偏り加減に応じて狙うことのできる役満でもある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ・・・( ̄  ̄;) うーん


今晩はこの辺で
今日は何故か顔が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っとお(=^o^=) や(=^O^=) す(=^。^=) みぃ(=^-^)/~~ ニャ- ♪



おすすめ記事

 

 

 

 

 

 

 



 

*1:O(〃⌒▼⌒〃)O